相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

ケース別遺言文例

ケース別遺言文例A「夫婦に子がいない場合」
①夫婦に子なし。直系尊属なし。弟あり。②財産:不動産(夫婦居住)のみ。③法定相続分:妻3/4 弟1/4不動産=妻と弟の共有→弟にも不動産全部について持ち分の割合に応じ使用収益する権利がある。妻単有に…(続きを読む
ケース別遺言文例B「相続人が前妻との子及び後妻の場合」
①前婚の子1人・後婚の子なし/子は成人して経済的に自立しているが、妻は専業主婦 ②財産:不動産(夫婦居住)・預貯金 ③法定相続分:妻1/2 子1/2妻に生活の保障としてできるだけ多くの財産を残した…(続きを読む
ケース別遺言文例C「相続権のない者に対し財産を分けたい場合」
①子AB・孫a ②財産:不動産(子A孫aと同居)・預貯金・現金 ③法定相続分:A1/2 B1/2 aは相続人ではないので相続分なし。aの大学の学費を援助したい。Aは金銭管理が苦手。  第1条 「遺…(続きを読む
ケース別遺言文例D「妻が認知症の場合」
①妻(認知症)・子1人 ②財産:不動産 ③法定相続分:妻1/2 子1/2 妻は重度の認知症なので死後の生活が心配。妻は財産を相続しても自分で管理・処分できず、 子と遺産分割協議もできない。 第1条 …(続きを読む
ケース別遺言文例E「持戻し免除・子の一方に多めに相続させる場合」
①子A・子B ②財産:預貯金 ③法定相続分:A1/2 B1/2Aは遠方に住んでいてほとんど会う機会がない。Bは近くに住んでいて世話などもよくしてくれる。Bには住宅資金として600万円を融通した。 法…(続きを読む
ケース別遺言文例F「子のある者と結婚した場合」
①妻は死亡・妻の子(相続権なし)・直系尊属なし・兄 ②財産:不動産・預貯金 ③法定相続分:兄10/10 妻の子とは幼い頃から一緒に暮らし実の親子のように思っている。しかし、養子縁組をしていないた…(続きを読む
ケース別遺言文例G「相続人に行方不明者がいる場合」
①妻・子1人(7年以上行方不明) ②財産:不動産 ③法定相続分:妻1/2 子1/2行方不明の子には財産を残すつもりはない。妻は、もし1人になったときは、施設に入居しようと考えている。相続人中に行方不…(続きを読む
ケース別遺言文例H「兄弟(相続人ではない)が療養看護してくれている場合」
①子1人・妹 ②財産:不動産・預貯金 ③法定相続分:子10/10 子は婚姻し遠方に住んでいる。妹(夫は死亡し子はなし)が同居して療養看護、生活の世話のすべてをしてくれている。子がいる以上妹には相続…(続きを読む
ケース別遺言文例I「障害のある子供がいる場合」
①子1人・妹 ②財産:不動産・預貯金 ③法定相続分:子10/10 妻は先に死亡し他に子はいないため、自分が死亡した後の障害のある子の将来が不安。  第1条 「遺言者は、遺言者の所有するすべての財産を…(続きを読む
ケース別遺言文例J「子の妻に遺贈する場合」
①子3人・子の妻1人(夫とともに同居) ②財産:不動産・預貯金・現金 ③法定相続分:子各1/3 長男夫婦と同居。長男の妻がよく尽くしてくれたので感謝の気持ちを形にして遺したい。 第1条 「遺言者は、…(続きを読む
ケース別遺言文例K「相続財産が不動産のみの場合」
①妻・子1人・子の妻(同居) ②財産:不動産 ③法定相続分:妻・子各1/2 不動産が共有状態になると売却その他手続き上面倒になることが多い。後に相続が生じた場合、さらに共有者が増え共有関係が複雑になる…(続きを読む
ケース別遺言文例L「法人に遺贈する場合」
①子2人(遠方に住んでいる) ②財産:不動産・動産・預貯金 ③法定相続分:子各1/2 長年介護施設に入居しお世話になっているので、当該施設に財産を分けたい。  第1条 「遺言者は、遺言者の有する不動…(続きを読む