相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

用語集

相続人

故人の財産を受け継ぐ一定の身分関係にある人

被相続人

相続される人、相続財産を所有していた故人

遺贈

遺言により財産を他人に無償で与えること

贈与

当事者(贈与者)の一方が自己の財産を無償で相手方(受贈者)に与えることを内容とする契約

法定相続人

民法に規定により相続人となるべき人

代襲相続

本来相続人になるはずだった人に代わり、その者の子が相続すること

非嫡出子

婚姻していない男女の間に生まれた子

法定相続分

民法に規定された相続人の相続割合

指定相続分

被相続人が遺言により指定する相続人の相続割合

遺留分

相続財産のうち相続人が必ずもらうことのできる財産の割合

特別受益

贈与遺贈などにより相続人が被相続人から受けた一定の利益

持ち戻しの免除

特別受益特別受益として取り扱わないとすること

寄与分

被相続人に対して労務の提供や療養看護などにより特別の寄与をした場合に付加される相続分

相続放棄

相続財産の承継を放棄すること

限定承認

相続した財産の範囲内でのみ被相続人の債務と遺贈を履行することを条件に相続を承認すること

遺産分割協議書

相続人全員による話し合いで決めた遺産の分け方を記した文書

争続

相続による遺産分割の争い

遺言事項

遺言書に記載することで法的効力を生させることができるとされている事項

遺言執行者

遺言者の指定により遺言の内容を実現する者

廃除

被相続人の意思に基づき、家庭裁判所の審判によって、推定相続人の相続権を失わせること

自筆証書遺言

遺言書が自分で書いて作成する遺言

公正証書遺言

遺言内容を公証人が筆記して作成する遺言

検認

裁判所において相続人立会いの下遺言書の形状等を確認すること*裁判所から相続人全員に検認期日の通知あり

附言事項

遺言書のなかで法的効力を持たない部分