相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

遺言書作成

どうして遺言って必要なの?~遺言は争続回避の立役者~
近年、相続がきっかけでトラブルになる(争続)ケースが増えています。背景には以下のようなことがあると考えられています。 ①長子相続から共同相続への変化(家督制度の崩壊)。 ②親族関係の希薄化。 ③法定相…(続きを読む
遺言書にはどんなことを書くの?~遺言事項~
遺言は、相続の割合や遺産分割の方法の指定だけではなく、次の遺言事項を定めることができます。しかし例えば「葬儀は密葬で」「大学病院に献体して」といったことは遺言事項には含まれていませんので、遺言で定めた…(続きを読む
附言事項で感謝の相続を。
附言事項には法的な効力はありませんが、家族に残す最期のメッセージです。感謝の気持ちを素直に表した上で、なぜこのような遺産分割にしたのか理由を書いておきます。家族が共感し感謝する内容を心がけ、特定の者…(続きを読む
遺言はだれが実行するの?~遺言執行者~
せっかく遺言を残しても、相続人が忙しかったり利害が対立して、スムーズに相続が進まないこともあります。遺言を迅速確実に実行させるには、遺言執行者を指定しておくことが必要です。また、「認知」や「相続人の…(続きを読む
遺言書はどんな種類があるの?~自筆証書遺言と公正証書遺言~
普通遺言には3種類ありますが、自筆証書遺言と公正証書遺言が一般的に作成されています。それぞれのメリット・デメリットを考えて選びましょう。 自筆証書遺言公正証書遺言 作成方法遺言者本人が自分で書いて作成…(続きを読む
自筆証書遺言の注意点~全文を自分で書く~
自筆証書遺言は思い立った時にいつでも作成でき、何度でも書き直せますが、以下の点には注意しましょう。 ・全文を自分で書く。ワープロはだめ。 ・年月日が特定できる日付を書く。「○月吉日」はだめ。 ・署名は…(続きを読む
公正証書遺言がすすめられるわけ~検認不要が大きなメリット~
公正証書遺言は、公文書として公証役場に保管される最も確実で安全な遺言の方式です。公証役場での打合せや必要書類の提出など、多少の手間がかかりますが、家庭裁判所での検認が不要なので、相続開始後の手続きが格…(続きを読む