相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

相続手続

相続ってなんだろう?~相続の基礎知識~
人が死亡すれば、その人の財産は家族などに受け継がれます。財産を所有していた人を被相続人、受け継ぐ人を相続人と呼びます。このとき気をつけるのは、財産には借金などのマイナスの財産も含まれるということです。…(続きを読む
相続人になれる人は?~法定相続人と代襲相続~
相続人となれる人は法律で定められており、法定相続人と呼ばれています。法定相続人は、配偶者相続人と血族相続人の2本立てで構成されています。 配偶者相続人(妻・夫)は常に相続人となり、血族相続人がいればそ…(続きを読む
遺産分けの割合は決まってるの?~法定相続分~
相続人が何人かいる場合、だれがどのような割合で財産を取得するのか、相続分が問題となりますが、その基準となるのが法定相続分です。しかし、遺言書で指定していれば指定相続分の方が法定相続分より優先されますの…(続きを読む
生前贈与を受けていたら相続分は減るの?~特別受益~
被相続人から受けた生前の贈与を特別受益といいます。特別受益には、「結婚の支度金」「開業資金」「マイホームの頭金」などがあり、遺産の前渡しとみられるため、特別受益の分だけ受益者の相続分を減らすことになっ…(続きを読む
被相続人に貢献したら相続分は増えるの?~寄与分~
事業の手伝いや資金援助、また療養看護などで被相続人の財産形成に特別な貢献をした相続人にはその度合いに応じて相続分が増えることになっています。これを寄与分といい、額は相続人の協議で決めますが、寄与分が認…(続きを読む
相続したくないときはどうするの?~相続放棄・限定承認~
プラスの財産よりマイナスの財産が多いときには、相続放棄をすることで債務の負担をまぬがれることができます。プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからないときは限定承認という方法をとれば、プラスの…(続きを読む
相続スケジュール~ゴールは財産の名義変更と相続税の申告~
相続手続きの中には法律で期限が定められているものがあります。特に相続放棄の3か月という期限は、うっかり失念すると取り返しのつかないことにもなりかねませんので注意しましょう。そして、相続手続きの最大のポ…(続きを読む
遺産分割はどうやってするの?~遺産分割協議書~
相続人が複数いる場合は遺産の分割が必要です。遺言で「この家は妻に」というような分割方法の指定があれば指定に従って分割されますが、遺言がない場合や遺言があっても相続分の指定しかないような場合は、相続人全…(続きを読む
不動産の相続登記と預貯金等の名義変更
不動産の名義変更は、放っておくと売却や担保設定ができなくなります。また、次の相続が発生するとさらに相続関係が複雑化していきますので、早めに相続登記を行いましょう。 口座名義人が死亡すると、銀行は取引を…(続きを読む
どれくらい財産があると相続税がかかるの?~基礎控除額~
基礎控除額を超える相続財産がある場合は、超える部分に相続税がかかります。基礎控除額は、[3,000万円+600万円×法定相続人の数](平成27年1月1日以降)です。例えば、法定相続人が配偶者と子供2人…(続きを読む
いろいろな節税対策
相続財産を減らしておく 相続人などへの少額贈与 配偶者への自宅の贈与 収益物件の贈与 生命保険の加入による非課税枠の活用、保険料の贈与 墓地などの購入 財産の評価を下げる 貸家建築などによる遊休地の有…(続きを読む