相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

遺言書はどんな種類があるの?~自筆証書遺言と公正証書遺言~

普通遺言には3種類ありますが、自筆証書遺言公正証書遺言が一般的に作成されています。それぞれのメリット・デメリットを考えて選びましょう。

自筆証書遺言公正証書遺言
作成方法遺言者本人が自分で書いて作成遺言者が伝えた内容を公証人が筆記
証人不要2人以上必要
遺言書の保管遺言者本人が保管公証役場が原本を保管
裁判所の検認必要不要
メリット・ひとりで手軽に作成できる
・ほとんど費用がかからない
・遺言の存在や内容を秘密にできる
・形式や内容の不備により無効になる
 おそれがない
・偽造や変造や隠匿のおそれがない
検認が不要なので相続人などがすぐ
 に遺言を執行できる
デメリット ・形式や内容の不備により無効になる
 おそれがある
・偽造や変造がされやすい
・遺言書が発見されなかったり隠匿さ
 れたりするおそれがある
検認が必要なので遺言の執行までに
 手間と時間がかかる
・証人とともに公証役場に出向くなど
 の手間がかかる
・ある程度の費用がかかる