相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

ケース別遺言文例K「相続財産が不動産のみの場合」

①妻・子1人・子の妻(同居)
②財産:不動産
法定相続分:妻・子各1/2
不動産が共有状態になると売却その他手続き上面倒になることが多い。後に相続が生じた場合、さらに共有者が増え共有関係が複雑になる。子に単独で相続させたいが、妻の住居も確保したい。

 第1条 「遺言者は、長男Aに次の不動産を相続させる。」
   2 「長男Aは前項相続の負担として、妻が死亡するまで同人と同居する義務を
    負うものとする。」