相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

ケース別遺言文例H「兄弟(相続人ではない)が療養看護してくれている場合」

①子1人・妹
②財産:不動産・預貯金
法定相続分:子10/10
子は婚姻し遠方に住んでいる。妹(夫は死亡し子はなし)が同居して療養看護、生活の世話のすべてをしてくれている。子がいる以上妹には相続権がない。世話になった妹の住居を確保し、いくらかでも生活費を残したい。  

第1条 「遺言者は、長男Aに遺言者名義の預貯金を3分の2の割合で相続させる。」
第2条 「遺言者は、妹Yに前条記載の財産を除くすべての財産を遺贈する。」

遺留分を侵害していないものとする。