相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

ケース別遺言文例E「持戻し免除・子の一方に多めに相続させる場合」

①子A・子B
②財産:預貯金
法定相続分:A1/2 B1/2
Aは遠方に住んでいてほとんど会う機会がない。
Bは近くに住んでいて世話などもよくしてくれる。Bには住宅資金として600万円を融通した。 法定相続分又は指定相続分割合で相続する場合、生前に贈与された600万円は特別受益とされ、Bは相続財産の前渡しを受けた形になる。そのため、実際に受け取る相続財産が目減りしてしまう。相続財産分けにおいては生前にした贈与の額を考慮せず、相続分も多めにしたい。 

第1条 「遺言者は、これまで相続人にした生前贈与について、
    すべて持戻し義務を免除する。」
第2条 「遺言者は、遺言者の有するすべての財産を長男Aに3分の1、
    長女Bに3分の2の割合で相続させる。」

遺留分を侵害していないものとする。