相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

相続ってなんだろう?~相続の基礎知識~

人が死亡すれば、その人の財産は家族などに受け継がれます。財産を所有していた人を被相続人、受け継ぐ人を相続人と呼びます。このとき気をつけるのは、財産には借金などのマイナスの財産も含まれるということです。相続が開始したら、まず遺言書の有無と、マイナスの財産がないか早急に確認しましょう。相続放棄は3か月以内にしなければなりません。逆にプラスの財産が相続税の対象になる額となるときは、10か月以内に納税しなければいけません。

また、相続人が複数いた場合は財産は共有となりますが、財産の分割協議は相続人全員で行わなければなりません。協議により不動産を取得した相続人はすみやかに名義変更をすることをおすすめします。

ところで、相続に似た言葉で遺贈贈与があります。遺贈とは遺言で財産を他人に与えることで、贈与とは生前に他人に財産をあげるという契約を結ぶというイメージです。

ひとことメッセージ
借金があるのを知らずに相続した場合、後から債権者の取り立てに迫られることがあります。この時、すでに相続財産を処分していたら相続放棄は原則認められません。相続が開始したら必ず借金等の負債がないか確認しましょう。