相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

遺産分割はどうやってするの?~遺産分割協議書~

相続人が複数いる場合は遺産の分割が必要です。遺言で「この家は妻に」というような分割方法の指定があれば指定に従って分割されますが、遺言がない場合や遺言があっても相続分の指定しかないような場合は、相続人全員での遺産分割協議書になります。協議が整えば遺産分割協議書を作成して、不動産や預金の名義変更をしていくことになります。協議が整わなければ家庭裁判所での調停や審判になります。

遺産分割では、自宅、農地、事業資産など分割しにくい財産を公平に分けるために次のような分割方法があり、これらを組み合わせて相続分に合うように財産を分配します。

①現物分割「自宅を息子に、預金を妻に」というように個々の財産をそのまま分配する方法。
②換価分割財産を売却して金銭に換え分配する方法。売却益に対して所得税と住民税がかかることがある。
③代償分割一部の相続人が相続分を超える財産を取得する代わりに他の相続人に対して金銭等を支払う方法。
④共有分割複数の相続人で持分を定め共有する方法だが、その相続財産を処分したいと思っても他の共有者の理解が得られなかったり、次の相続が起こったときに権利関係が複雑になっていたりするので、安易に共有するのは好ましくない。