相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

相続したくないときはどうするの?~相続放棄・限定承認~

プラスの財産よりマイナスの財産が多いときには、相続放棄をすることで債務の負担をまぬがれることができます。プラスの財産とマイナスの財産のどちらが多いかわからないときは限定承認という方法をとれば、プラスの財産を超える債務を負担しなくてすみます。どちらも3か月以内にしなければならず、限定承認は相続人全員が共同でしなければなりません。

ひとことメッセージ

相続放棄限定承認は、法律では「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内」とされていますが、亡くなったことを知って3か月を経過した場合でも、債務の存在を知らなかったなどの事情によっては、相続放棄限定承認がみとめられることもあります。