相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

生前贈与を受けていたら相続分は減るの?~特別受益~

被相続人から受けた生前の贈与特別受益といいます。特別受益には、「結婚の支度金」「開業資金」「マイホームの頭金」などがあり、遺産の前渡しとみられるため、特別受益の分だけ受益者の相続分を減らすことになっています。ただし、被相続人は遺言で、特別受益の分を相続分から減らさないよう意思表示をすることができ、「持戻しの免除」と呼ばれます。なお、「持戻しの免除」にあたっては、他の相続人の遺留分を侵害することはできません。また、遺贈特別受益となります。

ひとことメッセージ
遺言では長男・次男・長女に等分の財産を分与することとしていたが、生前長男に独立開業資金として1,000万円わたしていた。その場合、実際に相続が開始し、財産が分けられるときには、長男がもらった独立稼業資金が特別受益とされ、長男が相続する財産が目減りすることもありえます。それを避けたい場合は、遺言で持ち戻しを免除する旨もりこんでおきましょう。