相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

遺産分けの割合は決まってるの?~法定相続分~

相続人が何人かいる場合、だれがどのような割合で財産を取得するのか、相続分が問題となりますが、その基準となるのが法定相続分です。しかし、遺言書で指定していれば指定相続分の方が法定相続分より優先されますので、法定相続分どおりではない財産分与を考えられている方は遺言書を作成する必要があります。ただし、法定相続人には遺留分という最低限保障された遺産の取り分があるので、この部分に食い込むような相続分の指定は認められません。

ひとことメッセージ
平成25年9月4日の違憲決定を受けて、「非嫡出子の相続分は嫡出子の半分とする」との規定は削除され、平成25年9月5日以降に開始した相続については非嫡出子の相続分も嫡出子の相続分と同等となりました。また、平成13年7月1日から平成25年9月4日の間に開始した相続についても、すでに遺産分割がされた場合をのぞいて、同様の取り扱いがされることとなります。