相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

どうして遺言って必要なの?~遺言は争続回避の立役者~

近年、相続がきっかけでトラブルになる(争続)ケースが増えています。背景には以下のようなことがあると考えられています。

①長子相続から共同相続への変化(家督制度の崩壊)。
②親族関係の希薄化。
法定相続分どおりでは公平にならない。
④財産に不動産があった場合分割しにくい。
⑤相続とお金儲けを混同する。
⑥インターネットによる権利意識の助長。
⑦相続人以外の者からの横槍。

大切な家族を無用なトラブルから守ることが遺言の最大の目的です。

遺言を残さなかったために、配偶者が住む家を失ったり、相続人間で悲惨な遺産争いが起こったりするケースも少なくありません。

あらかじめ遺言でどの財産を誰にどれだけ残したいかを記しておけば、争続を未然に防ぐこともできます。

また遺言では、財産の処分以外にも、いくつかのことを指定することができます。