相続手続

遺言書作成

財産管理等委任契約

死後事務契約(エンディングサービス)

成年後見制度

用語集

ケース別遺言文例

相続人になれる人は?~法定相続人と代襲相続~

相続人となれる人は法律で定められており、法定相続人と呼ばれています。法定相続人は、配偶者相続人と血族相続人の2本立てで構成されています。

配偶者相続人(妻・夫)は常に相続人となり、血族相続人がいればその者と共同で相続人になります。血族相続人には次のとおりの順位があり、先順位の者がひとりもいない場合は次順位の者が相続人となります。

第1順位 子(およびその直系卑属)
被相続人の子は最優先で相続人になります。子がすでに死亡しているときは、その者の子(孫)が代襲相続します。
第2順位 直系尊属
第1順位の相続人がいない場合は、父母などの直系尊属が相続人になります。父母がいなければ祖父母、祖父母もいなければ曾祖父母というように相続権が移っていきます。
第3順位 兄弟姉妹(およびその子)
第1順位・第2順位ともいなければ、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹で死亡している者がいるときは、その者の子(おい・めい)が代襲相続します。

なお、相続人を確定するには、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍、除籍、改製原戸籍の謄本等の取得が必要となります。

ひとことメッセージ

祖父の土地を父が相続したが、父が亡くなったため孫である私がさらにその土地を相続した。そして、今度その土地を売ることにした。ところが、その土地は祖父名義のままになっていて、私名義に変えなければ売ることができない。名義変更には遺産分割協議書が必要で、私の兄弟及び父の兄弟姉妹(亡くなっていればその子)らの署名が要ることとなった。父の代で名義変更しておかなかったことが悔やまれる。このように、相続手続きを放っておくと相続人が増えていきますます面倒になります。相続手続きは早めに行いましょう。